サラリーマンのストレス解消法をご紹介。

健康って、みんな実はちゃんと知らないかも

ストレスと健康

サラリーマンのストレス解消法

ストレスの原因はさまざま


現代社会で働くサラリーマンとストレスは、切っても切れない関係です。満員電車に詰め込まれて通勤したり、取引先や上司、部下との人間関係に悩まされたりと、毎日がストレスとの戦いといってもいいかもしれません。いかにストレスと付き合っていくか、これは非常に大切な問題です。
ストレスは、さまざまな要因から発生します。たとえば、満員電車で息苦しさを覚えるなど「物理的」なもの、上司の叱責など「心理的」なもの、過酷な労働に身体が悲鳴をあげる「生理的」なものが挙げられます。
またストレスは、性格やコンプレックスなどとも深く関係しています。ストレスの要因や大きさは人によって異なりますが、共通しているのは、避けられないものであるということです。たとえば十分な資産を持ち、仕事もせず、何不自由なく暮らしたとしても、何かしらのストレスは感じるでしょう。仮にストレスがまったくなくなったとしたら、充実感や人生の喜びといったものも、きっと失われてしまうでしょう。

ストレスと健康


ストレスは、病気の原因になることもあります。たとえばうつ病です。うつ病になると、体がだるくなったり、やる気が出なくなったりしますが、明確な症状は感じにくいのが特徴です。その上、他人からは甘えているだけとか、怠けているだけと見られがちで、自分でもうつ病だと気付かないまま、無理にがんばろうとして症状を悪化させてしまうケースも珍しくありません。心の風邪などと言われたりもしますが、精神的な辛さは、普通の風邪よりもずっと大きいでしょう。
ストレスを溜め込むと免疫力が低下してしまうので、うつ病以外の病気にもかかりやすくなってしまいます。
病気になると、仕事の能率も下がるでしょうし、何より人生を楽しめません。健康と密接な関係があるからこそ、ストレスと上手に付き合っていくことは、とても大切なのです。

ストレスは必ずしも悪ではない


多くの人は、ストレスは悪いものだと思っているのではないでしょうか。しかし、ストレスは必ずしも悪ではありません。場合によっては、プラスに働くことだってあります。たとえば風邪をひいているとき、「こんなに辛いのに、なぜ仕事をしなくちゃいけないんだ…」と思えば、やる気がなくなる一方です。しかし「風邪になんか負けるか!」と発奮材料にしてしまえば、むしろ健康なときよりも能率が上がることもあります。
ストレスを感じたときは、「イヤだ」「辛い」と不満を募らせるより、ポジティブに捉えられるように努力したり、他のことに神経を集中させたりする方がいいでしょう。実際にはなかなか難しい場合もあるでしょうが、ストレスの大きさは気の持ちようで変化するということは覚えておいてください。

健康・医療でも話題の健康についての話はこのホムペがお勧め!!

Copyright (C)2012サラリーマンのストレス解消法.All rights reserved.